まずはコミュ力を高めないと何もできない

ナンパをするにあたって重要なことは、どの女性に声をかけるのか、ということです。路上ナンパでもネットナンパでも同じことが言えます。

 

ちょっと声かけることぐらい平気という方でも、見た目がかなりモデル級の女性には、声がかけづらいものがあります。本能的に「自分はこの女性に見合ってない」と感じているからです。

 

 

ナンパを成功させたければスキルを磨いてターゲットを絞り、絞ったターゲットはどんなことを求めているのかを考えましょう。

 

ターゲットの選出は何をするにおいても需要ですが、スキルを磨くことによって絞ったターゲットがどのようにしたらナンパが成功するのかが見えてきます。

 

まずはコミュ力を高めないと何もできない

コミュ力が低い方にナンパは成功できないのは、言われるまでもありません。また、最低限のコミュ力が無いと、そもそもナンパなんかできません。よく「コミュ障」という言葉を耳にします。

 

ここで言うコミュ障とは、実際に定義されるコミュニケーション障害と違い、他愛もない雑談が苦痛に感じ、苦手である人のことを指します。コミュ障の方がナンパを成功させることは非常に難しいものがあります。まずはこのコミュ障を克服することです。

 

克服するだけではコミュ力が上がったとは言えません。コミュ力を上げるには人の話をよく聞くことです。

 

自分の話ばかり一方的にするだけでは相手が何を考えているか、なぜ自分の話を聞いてくれるかということを意識していないからです。男女分け隔てなく人の話を聞きましょう。

 

よく人の話を聞いていると、相手側から会話を振ってくれることになります。会話を振ってくれるということは、相手が自分のことを知ろうとしてくれるからです。会話ができると言うことは、コミュ力がアップの第一段階はクリアしています。

 

合コンや飲み会でおもしろい話ができるように

会話の段階に来たら、次のハードルは「面白い話」ができるかどうかです。どんな話が面白いのかということは非常に難しいものがあります。

 

Aさんに受けたからBさんにも受けるはず、しかしBさんの反応がとても薄い。ここで止まってしまいAさんとばかり話すということになると、会話のスキルが上がったとはいいがたいでしょう。

 

面白いと感じることにリサーチをかけていきましょう。本人に直接聞くとあまりにも露骨なので、リサーチの意味とは少しかけ離れています。

 

Bさんが他の誰かと話しているところを聞きながら、「Bさんは〇〇に興味があるのか」とさりげなく情報収集していくことが大事です。

 

面白い話は狙って会話をすることは非常に難しく、下手をすると場の空気が悪くなってしまうこともあります。

 

内容だけでなく、話し方の抑揚をプロの芸人からまねる、ある程度ジェスチャーをすることによって表現力を上げていく、といったことをすることによって、場が盛り上がって面白くなるのです。

 

友人たちとの会話で面白い話が固まったのであれば、飲み会や合コンの場で披露してみましょう。

 

筋トレして自信に満ちた言動が取れるように

ナンパに必要なスキルとして、自信が必要と言うことは意外に知られていませんが、とても重要な要素です。

 

収入や自分の顔に自信があると問題なくクリアできるのですが、すぐに得られるものでもなく、顔なんかは最初から与えられたものなので、整形をする程度しか方法がありません。

 

 

おすすめの攻略法は筋トレです。体を鍛えることで自信が意外とつくものです。筋トレにはストレスを抑えると学術的なエビデンスもあります。

 

ストレスの発散にもなり、体を鍛えることで心にゆとりができて、自信を持てるようなります。格闘家やプロレスラーでネガティブシンキングな選手がいないことでも証明もできています。

 

体力が無いと思っている方は、まず無理をしない程度の筋トレから始めましょう。近年では動画サイトで詳しい筋肉の鍛え方の動画がたくさんあります。

 

ジムに通わずとも体を鍛えることなんて簡単にできることです。まずは行動をして自分自身を鍛えて自信あふれる言動をとっていきましょう。

 

 

トーク力と共感力で女子受けを良くすること

女性は話を聞いて欲しい生き物です。女性と話せるようになってきたのであれば、女性が興味を持ちそうなことに、自分も興味を持つことです。

 

また、調子に乗って会話の間に「でもさ」、「そんなこといっても」という否定的な言葉を使わないことです。

 

「わかる」、「そうなんだよね」といった肯定的な言葉を使って、女性の言っていることを共感することが重要です。

 

ただ共感するだけでなく、話しているワードに食いつくように質問をしましょう。あまりにも露骨にぐいぐい聞くと怪しまれるので、本当に興味があると言うことをさりげなくアピールすることが大事です。

 

ちょっとしたオーバーリアクションなんかも含めると、より場が盛り上がります。

 

狙う年齢や属性によって手段を変えること

ナンパスキルの1つでもある会話のスキルが上がったと思ってきたら、ナンパの手段の種類を増やすことです。ターゲットにする女性の世代や、どんな感じの女性なのかによって、ナンパをする方法を変えることです。

 

20代の女性に30年以上前の話をしたところで変な空気になるだけです。さらにちゃんと会話のキャッチボールができていないのではないかと思われてしまうので、注意しましょう。

 

「最近の〇〇は~」という下手なおっさんがするような切り口は絶対にしてはいけません。

 

説教臭くなり、話も面白くないからです。説教好きな女性には、良いのかもしれませんが、そんな人は男性でもほとんどいません。

 

暇そうな熟女は紳士的に近づくこと

ちょっと時間に余裕のある熟女をターゲットにしたのであれば、紳士的というキーワードは非常に大事です。

 

暇そうな熟女は少々下心が見えていても受け止めてくれるだろうと安易に考えてはいけません。

 

熟女であっても、心の奥底にある乙女の部分がしっかりと男性を見張っています

 

年を重ねれば重ねるほど男性に対してシビアになっている可能性が高いので、紳士的に接すると言うことは忘れてはいけません。

 

「若い子の方が…」という熟女がいらっしゃいますが、なぜ「あなた」に声をかけたのかということをしっかりと丁寧に、どの部分が魅力的なのかを熟女に伝わるようにしましょう。

 

経験がなさそうな女子は何日もかけて落とすこと

経験がなさそうな女子には、ゆっくりと時間をかけて信頼関係を築けるように落としていきましょう。慌てることは禁物です。

 

非常に分厚い壁を心に作っている可能性があるので、ゆっくりと話しかけていきましょう。

 

 

5W1Hの質問が通じなければ、YesNoの質問をスローなペースでしていき、会話の糸口を探します。

 

押しに弱い傾向がありますが、強引に行き過ぎると女の子が引いてしまいます。多少、強引さは必要な時もありますが、怖さを与えてしまうかもしれないので、引き時が重要です。

 

1~2週間は最低かかると思って、余裕を持ち何回もあって確固たる信頼を得ましょう。一度心を開いてくれると後は楽になります。

 

アラサーやOLはお酒で誘うのが一番

アラサーやOLは、日々のストレスを解消しようとお酒を飲みに行くことがあります。アラサーやOLがターゲットのときは、お酒を誘いに行きましょう。民衆居酒屋ではなく、ちょっとおしゃれな居酒屋やバーがおすすめです。

 

女性の話や愚痴をちゃんと聞いてあげて共感することが重要です。嫌なことを忘れさせてあげて、お酒の力も借りて目がトロンとなってきたらチャンスです。

 

甘い言葉をかけてあげて、非現実的な世界観を演出しましょう。もしこうなったら、ワンナイトラブも目の前のものとなっています。

 

ラバーズウォーカー

シンプルだから迷わない!使いやすいから出会いもスムーズ!

↓↓↓↓↓

トップへ戻る