おもしろいトークができる人と一緒に過ごすこと

ナンパは、路上ではもちろん、ネットでも可能です。それだけチャンスがあるというわけです。

 

実際にネットナンパをしてから彼女ができた、セフレができたなんて人も多いです。

 

 

また路上の他にも相席カフェや立ち飲み屋も増えて、リアルナンパも実はやりやすくなっています

 

しかし、実際の女性と会ったときにトークが弾まないなんて経験ありませんか。普段でも自信ないのに、初めてあった女性ではなおさら緊張してだめという人が多いでしょう。

 

ナンパを成功させるためにも、トーク力は上げる必要があるでしょう。磨かれたトーク力によって、普段の生活でも使えるようになるので、損をする事は無いのです。

 

トーク力をあげる場合、まずあなたの周りでおもしろいトークができる人を探してください。その人と一緒に過ごすことで、トークの仕方のまねができます。

 

その人も一緒にナンパできると、あなたも気が楽になって女性とコミュニケーションがとりやすくなるかもしれません。

 

また、楽しい人がいると、一緒にいる人も同じように楽しいと見られることもあります。得することも多いうえに、あなたの成長にもつながります。

 

トーク力は直接人から盗むのが一番

トークの仕方やコツは、いろいろなサイトや本で紹介されています。それを見て勉強するのも必要です。しかし、それだけでは実際に使えるのか、自分にあっているのかわかりません。

 

面白い人を観察することもいい勉強です。インパクトも受けるので、いつまでも記憶に残ります。

 

自分と人を比較する方が、自分のことを理解しやすいものです。足りない点がわかったり、こうしたらいいというきっかけになったりします。

 

また、話のネタを人から得られたりします。なかなかネタがみつからないときには、人の話を参考にしましょう。

 

話した人の体験談は、自分の知り合いがと置き換えて話したらいいのです。女性にうけた話は、ぜひ覚えておきましょう

 

笑いにつながるネタをいつでも仕込んで

トークでは女性を楽しませることが必要です。その場合話し方も、話のネタも重要です。自分の体験したことや失敗談が笑いにつながることがベストです。

 

しかし、そんなにいろいろなことは体験していないかもしれません。そこで、自ら進んでネタを仕入れる必要があります。

 

ナンパのうまい人は、ネタをいろいろと知っているものです。芸能人のネタからニュースまでと幅広いです。

 

さらに女性が好きなことを積極的に探しています。ファッションや食べ物やお店などです。広く浅くでも十分です。

 

それを話したら、女性も話がわかる人だと思うでしょう。それから笑いにもつながっていき、食事やセックスしてもいいものと、心をオープンにしていくのです。

 

女性にうけるためのネタ集めでは、狙う女性を想定してから集めましょう。たとえば、人妻を狙うのであれば30代に絞ります。

 

そこで30代の人妻が興味をもちそうな話題を探していくというわけです。そして、ナンパでは30代人妻だけにアプローチします。

 

これなら、ネタを集めるのもそんなに時間もかかることはなく、アプローチの仕方も30代の場合のやり方を知るだけという事になります。

 

こうした戦略も立てておくと、ナンパの成功率も上がります。

 

雑学や話題力を高めるための勉強を

ナンパをしてくるくらいなので、軽い男とみられることになると思いますが、実はいろいろと知識があるとなると、そのギャップに女性が惹かれることがあります。

 

軽そうに見えたのにふとした瞬間にしっかりしているとアピール出来ると、女性はいい印象を持ってくれるでしょう。

 

 

ネットナンパでは、女性もたくさんの男性からアプローチされています。

 

そこで、知識があることを見せられたり、良いアドバイスやコメントができたりすると、返事してみようかな、どんな人なのかな、などと興味を持ってくれるようになるでしょう。

 

そうなったら、出会いにまで一気に持ち込めてしまうでしょう。

 

路上ナンパでも声をかけたときに、
「そのかばん◯◯が作っているよね。かわいいよね。」
みたいに女性の外見や持ち物で一言でも感想や知識などを言えると、案外話を聞いてくれることもあります。

 

共通の意識を持たせられたら、きっとガードも緩めてくれるでしょう。

 

このためにも、雑学はいろいろと知っておくと便利です。いつ使える、どれが使えるかわかりません。

 

しかし、ナンパのうまい人は雑学も勉強しています。本を読むだけと思っていたら間違いです。

 

テレビで情報を紹介する番組があります。それを見て覚えていくのです。これなら勉強という感じもなく、抵抗なく雑学を身につけられるでしょう。

 

雑学は食事のときやメールのときなど、使えるタイミングは探すと見つかります。女性の話を聞いて、それに結び付けられるかが鍵です。

 

いかにも物知りだろというように自慢するのではなく、そういえばみたいにさらっと披露するのがコツです。雑学が好きな女性も多いので、雑学は知っておいて損にはならないでしょう。

 

どんな話題にもついていけるように努力すべき

女性と話を聞いていて、つまらなかったり、大変だと思ったりしたことありませんか。男性と女性とでは、話し方も話す目的も違います

 

男性は、論理的に話したがるものであり、また結論やオチをつけようとしたり、相手にそれを求めたりします。

 

女性はそれほど論理的でもなく、結論がなくても大丈夫で、同じ話を繰り返すことも多いものです。女性の会話は聞いてもらうこと、共感を得ることが目的になっています。

 

この差を意識しておかないと、せっかくナンパが成功したのに、話がつまらない女性だったなんて思ってしまいます。

 

そんな気持ちが表に出てしまうと、女性にもつまらない男と思われてしまいます。

 

こうならないためにも、男性が女性の話をもっと聞く努力が必要です。つまりは話題についていくことも必要です。

 

そのためには、女性の好きなものにも、知識があったほうが良いのです。

 

女性のお化粧やダイエットに詳しくなるのもあり

女性の話題というと、お化粧やダイエットがあります。お化粧についても、化粧全部に詳しくなるのは難しいものです。

 

たとえば、口紅やマスカラなどどれかに絞ってから調べておくのがいいでしょう。最近流行っていることを知るだけでも十分です。

 

 

「あそこにまつげエクステお店ができたね。」
「ネイルといえば、あのお店人気だよね。」
などお店のことを少しだけ話せるのもありです。

 

ダイエットはどの世代でも注目しているジャンルです。最近、流行しているものや部位ごとのやり方を知っておくのもいいでしょう。

 

「◯◯を試してみたら、3キロ痩せたよ。」
と結果も話せると、女性の興味も引けるようになるでしょう。

 

ただし、ダイエットの話をすると痩せた方がいいと遠回しに言っていると勘違いされる場合もあります。

 

女性が話題に出したときに話すか、自分がやっていることにして話をするようにしましょう。

 

営業や広報など仕事への理解力も大切

女性も働く機会も増えました。これまで男性がメインだった仕事に女性が入ることも増えました。女性の方が、家事や育児が仕事と関係するため、男性よりも悩みが多いものです。

 

ナンパしたときに男性が愚痴を話すのは、厳禁です。しかし、女性が仕事の愚痴を話してきたら、チャンスです。

 

ここで悩みに共感できる、理解できるとアピールしてください。うまくいくと、女性が心を開いたり、セックスまで許してくれる確率が上がります。

 

「◯◯したらいいよ。」
「誰かに相談したらいい。」
などのようにアドバイスや答えを出す必要はありません。

 

「そうなんだ。大変だったね。」
「僕にもわかるよ。」
と共感してあげることが大切です。

 

とにかく出会いの数がトーク力を決める

よくナンパは慣れだなんて言います。慣れてきたら、成功率も上がります。

 

トーク力も同じです。ネットや本で勉強したり、家族や友達を相手に練習しても、これらだけでトーク力を上げるには限界があります。

 

勉強しつつ、ナンパの数をこなしていくうちに、そのうちトーク力も上がるだろうくらいの気持ちが必要です。トークが苦手なことも気にせずに、どんどんとアプローチしていきましょう。

 

即パラ

即アポ、即会い、即GET!と出会いのスピードを求めるならココ!

↓↓↓↓↓

トップへ戻る