路上ナンパの成功率は非常に低い

路上で女の子をナンパのするのは、ネットでナンパするよりもはるかに難しいと言われています。

 

出会い系サイトでは、はじめから出会いを探している女性にアプローチする事になるので、少しでもフィーリングが合うと仲良くなるという強みがあります。

 

 

それに比べると路上ナンパは、不特定多数の女性に声をかけることになるため、間違いなく成功率はネットナンパよりも落ちてしまいます。

 

女性の場合は、誰かに声をかけられたいと思っている時や、誰かと仲良くなりたいと思っている時以外は、とても警戒心が強いものであり、簡単にその気になることは無いでしょう。

 

100人に1人ゲット出来たらOKと言われるぐらいの成功率は、限りなく不可能に近い確率です。

 

9割は無視される運命にある

路上ナンパの初心者は、街で声をかけまくった結果、全く反応がなく、やる気がなくなって挫折してしまうケースがほとんどです。

 

初心者が街で声をかけて上手くいくケースは、本人がよほどのイケメンか天性の女たらしぐらいです。

 

ほとんどの初心者は、最初の3日は間違いなく連絡先の交換すら出来ずに終わってしまうことになるでしょう。

 

大切なのは、失敗を失敗で終わらせない事です。まずは多くの失敗の中から、声かけのパターンをいくつか試してみるのも良いでしょう。

 

また、トークの方法でも、自分に合った方法、女性が少しは反応してくれるようなパターンを経験から積み上げ、磨き上げていくことです。

 

いつも同じようなパターンなどや、マニュアル通りの「ちょっと時間があるので、良かったらお茶でもしませんか?」などのように、漫然とした声掛けをやり続けるアプローチはあまり効果がありません。

 

自分で工夫をし、学習をして、最初は失敗をしても、そのうち成功へと導いていくような努力が必要です。

 

路上ナンパではほとんど無視されるのは当たり前の事です。

 

最初のうちはどんどん失敗をして、少しでも女性が反応してくれるようなパターンを経験として蓄積し、さまざまなタイプの女性に対応できるような心構えでナンパに臨むようにすることによって、徐々に上達していくため、どんどんそれが楽しくなっていくでしょう。

 

 

目つきでバレる|身だしなみを整えても失敗は続く

ナンパは見かけで7割以上は決まってしまうので、まず始める前に自分以外の女性に見てもらい、見た目の清潔感や、オシャレな雰囲気を醸し出しているのかなどをチェックしてもらうと良いでしょう。

 

清潔感やおしゃれな雰囲気は、ナンパには必須の要素と言えます。

 

服装の注意点としては、シンプルで体型に合っていて、清潔感や安心感を与えるようにすることが重要です。

 

そして、女性に安心感を与える服装の鉄板というと、やはりスーツがベストでしょう。

 

そして最も気をつけるところは、女の子とエッチがしたいという気持ちは、完全に心の中に封じ込めてしまうことです。

 

エッチがしたいと思ってしまうと、その気持ちが目つきに出てしまい、女性に心の中を読み取られてしまうことになるため、それでなくても低い成功率が、限りなくゼロとなってしまうのです。

 

気を抜いて欲が消えた時に成功するパターンはある

まずは声をかけて、反応してくれたら喫茶店などに行くという程度の、カジュアルな気持ちで臨むことが大切で、その次は連絡先の交換をしてもらうなど、段階を経るように少しづつ進めていこうという気持ちを持つことが大切です。

 

いきなりエッチをしたいと考えがあると、男性は目つきや言葉につい出てしまうため、その気持は極力抑えるべきでしょう。

 

欲が消えて、力が抜けたような時に成功する事は意外に多いのです。

 

心と大人の余裕がすっと出せるようになると勝ち

女性を誘ったり、口説いたりするのが上手な男性は多くの場合、ガツガツすることはなく、どこかに余裕を感じさせる言動をしているものです。

 

それは時には相手の女性の都合や、考えていることを聞き出すぐらいの余裕や、女性の言動に合わせてやり取りが出来るような余裕です。

 

 

これが出来るようになると、自然に相手の女性に安心感が与えられるようになり、女性もこんな人だったら、ちょっと時間を使ってもいいかなって思ってしまうものです。

 

特に若い女性は、言動に余裕があるような男性に惹かれる傾向があり、いざナンパの場面では、初心者よりも経験豊富な男性にナンパされると、その余裕の態度に惹かれ、自然とついていってしまうものなのです。

 

正当なナンパの理由を持つと動きやすい

「路上ナンパなどで引っかかる女性っているの?」
誰でも思うことかもしれません。

 

世の中にはミエミエの詐欺などに簡単に引っかかる人が意外に一定数いて、特に女性の場合は褒められたり優しくされただけで、なびいてしまうことが多いのです。

 

また女性は、なかなか断ることができなかったり、やり取りの際に断る口実をその都度防がれてしまったりで、根負けして雰囲気に流されてしまうこともあります。

 

何度も路上ナンパを失敗して経験を積むことによって、徐々にナンパが成功する女性を雰囲気で区別出来るようになってくるものです。

 

そのため、歩いている女性に手当たり次第声をかけるのではなく、ある程度可能性のありそうな女性を判断し、ターゲットにしてアプローチすることによって、成功する可能性も高まっていくでしょう。

 

ナンパ待ちスポットを見つけるのもあり

もうひとつ大切な事は、どこでナンパをするのかによって、ナンパの成功率が変わるという事です。

 

女の子たちは、ナンパのされやすい場所を知っています。

 

 

やはりナンパで成功するような女の子を見つけ出すためには、人通りの多いところを選ぶというポイントは外せません。

 

人通りの多い場所でのナンパでは、女の子もノリがよくなることが多く、ナンパ自体も目立たなくなるため、絶対におすすめのスポットです。

 

世の中の半分以上の女性は今までのナンパされた経験があり、男性が思っている以上に女性はナンパ慣れしています。

 

そして、さまざまな状況によって女性はナンパについていくことがあります。

 

・彼と喧嘩しちゃった。
・友達と遊ぶ予定がキャンセルになっちゃった。
・仕事でストレスが溜まっていて憂さをはらしたい。
・退屈なのでちょっとドキドキしたい

 

ナンパの上級者は、女性からいろいろな話を聞き出すのが上手で、その話をきっかけにうまくナンパの口実を作っていきます。

 

まずは喫茶店などで他愛もない話から初めて、連絡先を交換したり、それから居酒屋に行ってお酒を飲んだり、さらにその日のうちにホテルへ誘ったりという流れがあります。

 

誰でもイライラしたり、不安になっていたりすると、誰かに話を聞いてもらいたいと思うようになり、その後は嫌なことは少しでも忘れさせて欲しいと思うのは当然です。

 

タダ飯待ちの女子を見つけるのもあり

路上ナンパでおいしいターゲットは、少なからず存在するナンパ待ちの女の子です。

 

タダ飯やタダ酒を期待していて、ナンパされるのを待っている女の子が街をウロウロしています。

 

そんな女性の多くは、男性とおしゃべりを楽しみ、美味しい食事やスイーツなどを奢ってもらうのにも慣れています。

 

ナンパして居酒屋などに一緒に行くと、後はひたすらお酒を飲ませてお持ち帰りも出来ます。さらにホテルにまで連れて行くことも可能です。

 

中には運が良いときは、タダ宿の女の子も見つかるかもしれません。

 

タダ宿の場合は、もちろん部屋に連れて行ってそのままエッチも出来てしまうため、ナンパをする人にとっては最高の獲物になりそうです。

 

路上で何度も声をかけてみると、なんとなく女の子が何を期待しているのかが分かるようになるので、その辺りを察知する能力が備ったらもう鬼に金棒です。

 

出会い系サイトでナンパするよりも、はるかに路上ナンパの方がハードルは高いのですが、逆に乗ってきそうな女の子を見つけると、手っ取り早く最終ゴールにまで行ける可能性は高くなります

 

路上ナンパは実際に会って話が出来る分、手軽で手っ取り早く女の子をゲット出来るというメリットもあります。

 

即パラ

即アポ、即会い、即GET!と出会いのスピードを求めるならココ!

↓↓↓↓↓

トップへ戻る