近居ナンパは特定されるとヤバイ

ナンパもストリートやネットといろいろなところでできるようになりました。そのため、初心者でも女性と会えたり、セックスできるチャンスは増えました

 

こうしたメリットにばかりに目がいきがちですが、ナンパをするときに注意することがあります。

 

 

それは自宅や地元の近所でやるのかという問題です。近所だと移動も楽であり、時間も節約できたりします。また近所で見つけた女性ほどやりとりもしやすくなって、仲良くなるのも簡単です。

 

反面、近所でナンパをしていたら、その様子を家族や友人に見られてしまう、ばれてしまうリスクが増えます。他にも一夜限りでのつもりで遊んだら、近所と言うことで再会したり、身元までその女性にばれるリスクもあります。

 

他にも家ばれもあります。
近所はやりやすい反面、デメリットやリスクもあるので、実は工夫が必要です。

 

飲酒の上でHした後レイプされたと訴えられることも

特にお酒を飲んだ時は要注意です。誰でもお酒を飲むと、テンションも上がったり、楽しくなるものです。

 

普段と違った一面が見えてくることも珍しくありません。普段は真面目な人が下ネタを言うとか、怒りっぽくなるなど、行動も変わります。

 

そして酔った状態での判断は間違いやすいうえ、覚えていないことも起こります。

 

ついつい女性とお酒を飲んで、合意してセックスをしたとしても、翌日に女性から責任をとれと要求されたり、ひどくなると警察にレイプされたと訴えられるといったトラブルも起きています。

 

確かに酔わして強引にと言う悪質なケースも目立つことから、女性を擁護する風潮が強まっています。もしも、本当に合意したとしても、女性から訴えられたら、男性はかなり不利です。

 

女性が酔いすぎたら、かなり危険です。ついつい酔わしてから口説こうというのも、女性の酔い具合を見てからにした方がいいです。

 

録音しておいたらいいのでは?…という声もありますが、証拠としても認められないケースもあるようです。ご近所ナンパだと、注意力も緩んでしまい、連れ込みしたくもなるので気を付けましょう。

 

美人局の男衆が追跡してくるかも

女性とセックスをしたら、その後に彼氏や旦那と名乗る男性が出てきて、責任を迫られます。結果的にお金をとられます。中には1回だけでなく、複数回に渡り高額をとられた悪質なケースもあります。

 

実際には、最初からお金目的です。女性はわざと抱かれています。彼氏と名乗る男性から警察沙汰にしていいのか、勤め先や家族に知らせていいのかと脅されて、要求に応じるようです。

 

 

これも近所でナンパからの食事、連れ込みをすると、男性にも追跡をされやすいです。

 

美人局は昔のようなイメージですが、今でも後を絶ちません。ナンパの女性とセックスをするときにはどこでやるかがポイントです。あと、女性が男性に連絡を取るなど不振な行動をしていないか警戒してください。

 

恨みを持った女は何よりも怖い

ナンパではついつい女性に雑な対応をとってしまいがちです。その結果、恨まれてしまうこともあるかもしれません。たった一回だけの関係でも、トラブルもなることも珍しくありません。また、関係が続いてからのトラブルはあります。

 

そんな時には、普段では想像できないような行動を起こすかもしれません。まして恨んでいる人は、なおさらです。ストーカー化したり、なにか嫌がらせをするかもしれません。それもあなただけではなく、家族にまで及ぶこともあります。

 

女性を軽んじたり、ひどいことをしないように、紳士的にコミュニケーションをとりましょう。紳士的とよく聞きますが、それはナンパの成功率をあげるだけでなく、自分の身を守ることにつながっていたのです。

 

安全にナンパするには|場所を変えてナンパすること

ナンパもどうすれば女性と話ができるか、連絡先が交換できるか、すぐ会えるか、セックスまで持ち込めるかに目がいきがちです。

 

しかし、ストリートにしろネットにしろ、安全にナンパをするテクニックやポイントも知っておきましょう。

 

訴えられたら最後です。きちんと合意してのセックスで罪に問われなくても、周りから白い目で見られたり、周りとの関係がぎくしゃくになるリスクもあります。

 

誰でもできる方法としては、場所を変えることです。これについて見ていきましょう。

 

毎日違う駅・違う場所でナンパすること

ナンパする時に必ず挙がる場所と言えば、駅です。駅は人の行き来も多く、女性もたくさんいます。夕方や夜は、歩いている女性に声をかけるチャンスも多いです。

 

また、駅のそばには飲食店などの繁華街も多く、ナンパしてそのまますぐ食事にも行けます。場所によっては、ラブホテルが近くに建っています。

 

駅というのはナンパの王道です。だからといって、同じ駅や地元の駅、過去に成功した駅でいつもやっていませんか。

 

駅では、ナンパをしている人は目立ちます。普段の日常でも名前は知らないけど、この人はどこどこの駅を使っていると覚えたことありませんか。それと同じように、あなたのナンパの様子は誰にでも覚えられてしまいいます。

 

ナンパスポットは、本当にやりやすくて、女性を探す手間も省けて、初心者にもとても便利です。しかし、実は顔ばれのリスクが隠れています。

 

対応としては、近所から離れることです。これだけでもかなりリスクを回避できます。あとは、こまめに場所を変えてください。この駅でやったら、次は隣の駅に変えましょう。

 

時間帯も夕方や夜など、こまめに変えてください。

 

服装も毎回変えないとすぐ特定される

リスクを回避するためには服装も大切です。服装も案外同じものを着回していませんか。冬だと同じコートや上着になりやすいです。夏場も色違いで似たような格好をしていませんか。

 

顔はあまり覚えていなくても、服装は印象に残ることもよくあります。他にも、カバンや帽子やアクセサリーも同じことが言えます。結局そこから、身ばれになるのです。

 

 

服装は着替えはもちろん、今回はシャツ、次はTシャツ、その次はジャケットというようにタイプを変えることです。そうすることで、その地域の女性に印象が残らなくなります。

 

女性に「あの人よくナンパしている人だぁ」と思われてしまったら、はじめての声かけでもすぐに拒否されます。ナンパの安全はもちろん、成功率を上げるためにも、服装のタイプにもこだわりましょう。

 

家バレすれば変人がいると通報されることも

女性は恋人でもなければ、よほどの信頼がないと家を教えることはありません。ナンパしてきた男性にすぐに教えると言うことは、普通ではありえません

 

しかし、男性の場合、何歳になってもその意識は薄いです。簡単にナンパした女性を連れ込んだり、時には神待ちの未成年の女の子も連れ込みます。

 

ほとんどがお金を節約したい、楽にやりたいなどが理由です。これも、後日にその女性から通報されるリスクもあります。他にもネットで家をばらされたり、書き込みをされるかもしれません。

 

ナンパした女性は、何をするのかわかりません。後からトラブルにならないように、飲食店やホテルを利用しましょう。

 

ナンパも近所や地元でやる方が、はっきりいって楽です。しかし、近所から少しでも離れた地域で女性はアプローチしましょう。女性と遊ぶ前に、身の安全も考えるのが先決です。それからテクニックを磨きましょう。

 

秘密の恋愛

パートナーに不満?みんなはココで解消しています!

↓↓↓↓↓

トップへ戻る